Blancaの想い

福岡,熊本の天然石ヒーリングストーン(パワーストーン)のお店Blanca/ブランカ

◆ 福岡 西新店 ◆

◆ 熊本シャワー通り店 ◆

2021年3月
   1  2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

熊本シャワー通り店営業日

 *コロナの影響により

  変則営業となっております

西新店の店休日(Blanca農園)

両店18:00がラスト入店です

 *18:00までにご入店

      又はお電話をいただければ

  20時閉店となります

◆ tamaki's Blog ◆

◆ JiJi's Blog ◆

福岡,熊本の天然石ヒーリングストーン(パワーストーン)のお店Blanca/ブランカ

Blancaの裏方&バイヤー

JiJiの日々徒然のほろにがBlog

◆ Guesthouse Canan ◆

Blancaの姉妹店

五島列島福江のゲストハウス

CananのHPです

レムリアンシード,レムリアンシードクリスタル

Lemurian Seed Crystal

Melody Stone

神宮御山杉太珠

◆ Online Shopping ◆

ソリューション画像ヤマト運輸による代引き決済と
PayPalによるクレジット決済が、ご利用いただけます

宅急便コレクト

代引きは現金または
各種クレジット(一括・分割)が
ご利用いただけます

オンラインショッピングの
流れはこちら

お支払方法の説明はこちら

History of Lemurian Seed Crystal

レムリアンシードクリスタルの歴史

レムリアンシードクリスタル クリスタルワンド セドナ

 

ブラジル、ミナスジェライス州の

カブラル山脈から届けられる稀有な水晶

レムリアンシードクリスタル

 

わたしにとってとてもスペシャルなこの水晶

 

追い求め続けてもう20年になります

 

その出逢いの歴史を

時をさかのぼってざっとおさらいしてみますね

 

まずは2000年

 

フランシスコ・ドゥモントの

ニューレムリアンマインと呼ばれる鉱山からから届けられた

不思議なクリスタルとの出逢い

 

ブラジル、サンパウロのサプライヤーさんが

初めて日本に紹介したその美しい水晶に魅了され

途端に引き込まれていきました

 

 

わたしとレムリアンの物語はここから始まります

 

 

 2005年には

昔なじみのコリントのサプライヤーを通して届けられた

オリジナルマインと同じ鉱床の

ルチルクォーツのレムリアンシードクリスタル

 

そして大きなスフィア

 

ほんのちょっとだけスモーキーなその原石から磨かれた

美しいポリッシュポイントと

天使の梯子が架かる大きな珠は

今もBlancaで輝きを放っています 

 


 

そしてBlancaがオープンした

2007年~2014年は

セラドカブラル(セーハドカブラル)の農場で見つかった

新しいレムリアンシードクリスタル

 

カリフォルニアの原石商

ショーンさんから届けられたその原石たちは

最初のレムリアンを想わせるような

チカラ強さと輝きにあふれていました

 

世界で初めてのレムリアンのブレスレットを作るべく

日本に届けられた200㎏超のレムリアンシードクリスタルから

素敵なめぐり逢いをたくさんいただきました

 

お師匠さんありがとう…愛と敬意をこめて 

 

 

2012年には、フランスに渡り日本に還ってきた

フランシスコ・ドゥモントの

ニューレムリアンマインから産出した 

オレンジ色に輝くタンジェリーナレムリアン

 

  

2013年は

同じくフランシスコ・ドゥモントの

ニューレムリアンマインの原石から磨かれた

美しいスフィアたちを

コリントの原石商カルロスから

 

 

すべてのレムリアン鉱山の操業が完全に終わり

サプライヤーたちのストックが乏しくなってきた2016年

 

おそらくこれが最後の出逢いになるだろうと覚悟を決め

たくさんのレムリアンを日本に連れて帰りました

 

翌年の2017年には

その想像の通り出逢うことは叶わず

そしてその終焉と入れ替わるように

バイア州の新しい水晶にレムリアンの名前が付けられた

 

そして2018年

 

そんな状況の中、Blancaに届けられたのは

カルロスが1年を費やし集めてくれた

ジョアキンフェリーシオ周辺で

パーソナルマイニングにより採掘された

レムリアンシードクリスタル

 

クリスタルへの愛にあふれ

これまで以上に美しく輝いていました

 

いつもありがとう

 

これからもよろしくね

 

 

そうそう…誰も持っていなかった間の2017年には

奇跡のような出逢いがありました

 

ジョアキンフェリーシオのレムリアン

それもファントムのドリームレムリアンを 

あるブラジルのサプライヤーがなぜか持っていた

 

ツーソンショー初出店のそのサプライヤーは

本当に初々しく、片言の英語で

その水晶の採掘地を一生懸命に教えてくれました

 

すべての日程を費やし探し回った中で

ジアマンチーナ(ディアマンティナ)やゴイアス州

そして、新興のバイアクリスタルは見つかるものの

セラドカブラルのレムリアンは

彼が持つその1箱だけ

 

こんなにうれしいことはありませんでした

 

この20年、レムリアンを真っすぐに求め続けた

わたしへのギフトだと勝手に想っています

 

そう想えるくらいの奇跡でした

 

 

そして当然、2019年は出逢うことが出来ず2020年

 

現地のSNSのタイムラインで偶然見つけた

アウグスト・デ・リマ経由でコリントに持ち込まれた

パーソナルマイニングのスモーキーレムリアン

 

サンパウロのサプライヤーに辿ってもらい

何とか見つけることが出来た中の2キロ12点

 

それが1年半ぶり

今年最後の出逢いとなりました

 

そうやって探し求めている合間にも

イラギュラーな出逢いが時折ありはしますが 

今年はそれも一年を通して5点ほど…

 

次の目処は立っていません

 

   

オフィシャル鉱山は10年前に閉山となり

同地、農場内の新しい鉱床では

もう長い間、採掘は行われていません

 

これまで緩やかだったパーソナルマイニングも

環境保全に向け

政府や州により採掘規制が強化されました

 

ニューレムリアンマインのマルコスのように

一攫千金の賭けに出て誰かが土地を取得するまで

正規にまとまった量が産出することは

もうほとんどないでしょう

 

2017年以上の奇跡でも起こらない限り

手にするのは不可能に近い状況です

 

今後、Blancaとレムリアンの出逢いが

どんな形で実現するかはまだ分かりませんが 

正直、この20年を振り返ると

かなり厳しいものになると言わざるを得ません

 

それでもやっぱり探求の旅は続きます

 

そうやってこの20年追い求めてきましたからね

 

求め続ければ与えられる

 

そう信じて

 

 

tamaki 

 

 2000年紀、最後の10年に

わたしたちに届けられたレムリアンシードクリスタル

 

この水晶に続いて様々なニューエイジクリスタルが

世に紹介されるようになりました

 

クリスタルヒーラーが

特定のクリスタルや形状に名を付けることも

今では当たり前となりましたが

わたしが知る限り

ある水晶を指して名前が付けられたのは

このレムリアンが最初だったように記憶しています

 

まさにニューエイジクリスタルの夜明け

 

世紀末にふさわしいクリスタルの出現でした

 

ここから始まった

 

そう言っても過言ではないように想います

 

 

とはいえ、日本での知名度は低く

2017年にアメリカで流行が再燃するまで

ほとんどの方がご存じありませんでした

 

ですので、お店では頓珍漢な説明をすることも多かった

 

見た目は同じ水晶なのに遥かに高価

その違いをどうお答えしたら伝わるだろうと…

 

考えに考えた結果

 

「ほかの水晶と何が違うのですか?」との問いに

 

「同じです。。わたしたちが好きな水晶なんです」

 

そうお答えするようになっていました…つい最近までの話です

 

そのアメリカでのブーム再燃を受け

2019年には日本でも流行の兆しが初めて見え始め

2020年の今、それもピークに達している感があります

 

以前では考えられないことですが

「レムリアン」を探しにご来店くださるんです

 

それにより、ご質問への返答や

説明させていただく内容も徐々に変わりつつありますが

言葉でお伝えするのは流石に限界があります

 

誰が、なぜレムリアンシードクリスタルと名付たのか

 

なぜ、あの独特な雰囲気になったのか

 

それについては

わたしのクリスタルメッセージと合わせて

レムリアンのトップページに以前から記載していますが

鉱山の経緯には全く触れていませんでした

 

ということで今回、わたしたちが知りうる限りの

「レムリアンシードクリスタル」の歴史を

備忘録も含め、改めてご紹介させていただきます

 

 

レムリアンは素敵な出逢いを待っています

 

大切なめぐり合わせが皆さまの元に訪れますように 

 

 

なるべく手短にご説明します

 

JiJiです

 

事の始まりは1940年代

ブラジル、ミナスジェライス州

セラドカブラルの尾根沿い

 

ジョアキンフェリーシオと

フランシスコ・ドゥモントのちょうど間

 

この土地の所有者から土地を借り受けたアメリカ人が

無線機に使われる水晶振動子の材料(石英)採取のため

大小2ヶ所の鉱山を開いたことから始まりました

 

彼の試みは成功し、財を築いたものの

第二次世界大戦の終戦とともに閉山

 

その土地はブラジル人家族の元に戻ることとなった

 

そこから時を経ること40年

 

1990年代初頭のこと

 

工業製品としての水晶とはまた別の需要の高まりに伴い

土地のオーナーであるブラジル人とその親戚たちは

アメリカ人が開いた2ヶ所の内

 

規模の大きい鉱山の操業を再開

 

  

採掘は順調に行われ、程なくして

その水晶の特徴的な美しさは

クリスタルヒーラーたちの目に留まることとなった

 

ニューエイジムーブメントの高まりもあり

うわさを聞きつけ現地を訪れたバイヤーたちは

こぞってアメリカのヒーラーたちにその水晶を送り

メタフィジカルとしての評価を求めた

 

その中に、クリスタルヒーリングの第一人者

カトリーナ・ラファエル女史もいたというわけです

 

20世紀も終わりを告げようとしていた

まさにその時

レムリアンシードクリスタルの名がつけられた

 

しかし、その水晶の人気に沸いた

最初のオフィシャル鉱山も

オーナー家族の内部分裂により閉山

 

それが2003年頃

 

その一方、その騒動の最中

チャンスと見取り、フランシスコ・ドゥモントに

土地を購入した鉱山労働者がいました

 

彼の名はマルコス

 

最初の鉱山からそれほど遠くない

カブラル山脈の尾根に沿ったその場所が

同じ鉱床を有していると考えた彼の目論見は大当たり

 

 

「ニューレムリアンマイン」の誕生

 

 

彼の鉱山事業はたちまち軌道に乗り

美しいタンジェリーナやファントムなど

2010年頃に閉山するまで

様々な素晴らしいレムリアンを世に送り出しました

 

このレムリアンにより大富豪になったと聞いています

 

わたしたちがよく知るレムリアンの鉱山は

このニューレムリアンマインです

 

そのニューレムリアンマインの開業と時を同じくして

別の新たな二つの鉱山が開かれています

 

ひとつは最初の鉱山オーナーの仲間が開き

そこでは素晴らしいルチルクォーツが産出しましたが

それほど長く続かなかった

 

もうひとつは、この流れとは何ら関係のない

まったくの偶然によってもたらされました 

 

セラドカブラルにある農場の敷地内

 

 

とある農場経営者が牧場として購入したら

露出した鉱床があったという

なんとも贅沢なオマケつきだった

 

こちらもニューレムリアンマインと名付けられました

 

上にも書きましたが

レムリアンブレスレットが製作された際の原石は

この農場で産出したレムリアン

 

その原石の手配は

アメリカ人のサプライヤーを通してでしたが

今になって思えば

彼の兄は牛肉のサプライヤーとのことでしたから

もしかするとその流れで

石を扱いだしたのかもしれません 

 

確か2006年のことです

 

 

2010年には

その新しいレムリアンも手配が難しくなった

 

主業に専念しているとの風の噂もあったので

最初の鉱床が枯渇した後に

新たな探索は行われなかったのではないでしょうか

 

さて、ここから先は

それぞれのページに記載している通り

地元の鉱山労働者によるパーソナルマイニングに移行

 

それを力のあるサプライヤーが

時間をかけて集め、ひとまとめにして

たまに市場に出す

という流れがこの数年続いているといった次第

 

ただ、それも今年まで

 

そもそも、レムリアンの鉱床であるカブラル山脈は

国や州の自然保護地区

 

鉱床の性質上、採掘にはウォーターブラストが使われ

それによる水質汚染と環境破壊の問題が

需要の高まりと共に顕在化してきていた

 

パーソナルマイニングが小さく行われている内は

それほどの問題にもならなかったものが…

まぁどこの国にも不届き物がいるということです

 

この夏、取り締まりが更に強化され

今後は小さな採掘も難しくなりそうなのだとか

 

ですので、tamakiさんも触れていましたが

この先の目処は一切立っていないのが現状です

 

まぁ…無理なく出逢いを待ちます

 

 

さて、短くといいつつもかなり長くなってしまいました

 

これでもだいぶ端折ったんですけどね

 

最後の最後に、触れたくないけど

触れなきゃいけないあのことを書いて終わりにします

 

皆さまの参考となれば幸いです

これまで書いたお話は

新たにレムリアンと呼ばれているバイア州の水晶

「ピュアレイ」や「シリウスレムリアン」とは

関連性はありません

 

あくまで、セラドカブラル(セーハドカブラル)の

「レムリアンシードクリスタル」と名付けられた 

最初の水晶たちの物語です

 

すべてのブラジル、ミナスジェライス州

セラドカブラル産とされるレムリアンシードクリスタルの

出自を保証するものではなく

あくまでBlancaがこれまで出逢ってきた

レムリアンにまつわるお話です

2007年の写真は

レムリアンのブレスレットを製作した際

原料を用意してくれたサプライヤーが撮影したもので

元の鉱山所有者とは全く別のオーナーが

自身の農場敷地内に持つ「New Lemurian mine」

 

2002年の写真は

日本に最初のレムリアンが持ち込まれた頃に

サプライヤーからいただいた

元々の鉱山所有者とは別のブラジル人が

フランシスコ・ドゥモントに取得した土地で

採掘を始めた頃の様子を写したもの

 

こちらも「New Lemurian mine」

 

どちらも「ニューレムリアンマイン」ですが

このふたつは別の鉱山です

 

古いパノラマ写真は

この地の水晶がまだレムリアンの名を冠する以前の

ジョアキンフェリーシオのオリジナル鉱山で

1987年に撮られたものです

 

追記:レムリアンの新しい旅

2020年からパーソナルマイニングにより

採掘されている鉱床の写真を現地からもらいました

 

ジョアキンフェリーシオ近郊

Capao do Boi / カパン・ド・ボイという

地図には載っていない

現地でそう呼ばれているとある地点

 

現在、Blancaに新しく仲間入りしている

レムリアンシードクリスタルは

その場所から掘りだされたクリスタルです

◆ レムリアンシードクリスタルのShopページは写真をClick ◆

レムリアンシードクリスタル原石
レムリアンシードクリスタル チップ

Lemurian Natural wand

レムリアンシードクリスタル原石

Lemurian chip tumble

レムリアンシードクリスタルチップ


レムリアンシードクリスタル 丸玉 スフィア
レムリアンシードクリスタル ブレスレット

Lemurian Sphere

レムリアンシードクリスタル丸珠

Lemurian Bracelet

レムリアンシードクリスタルブレスレット


レムリアンシードクリスタル ペンダント
レムリアンシードクリスタル ネックレス

Lemurian Pendant 

レムリアンペンダント

Lemurian Pendant 

レムリアンネックレス


Lemurian Seed Crystal Tangerina

レムリアンシードクリスタル / タンジェリーナ

Mini wand & Phantom

ミニワンドとファントムのレムリアン


Lemurian Seed Crystal New Journey

レムリアン ニュージャーニー

Lemurian Seed Crystal Smoky quartz

レムリアン / スモーキークォーツ



Mini wand & Phantom

ミニワンドとファントムのレムリアン ➡ here

レムリアンシードクリスタル 砂時計

Effect Glass / Lemurian

レムリアンシードクリスタルの砂時計

Lemurian Seed Crystal pendant / Star Ship

レムリアンシードクリスタルペンダント/スターシップ


1 日本国内への配送に適用されます。その他の国についてはこちらをご参照ください
2 (税込)
概要 | 利用規約 | 返金条件と返品取消申請書 | 配送/支払い条件 | プライバシーポリシー | サイトマップ
当サイトで提供している画像・写真・ロゴ・デザイン・文章等の著作権は 株式会社Blancaに帰属します。 これらの著作物を株式会社Blancaの許諾を得ずに、無断で複写・複製・転載等を行うことは著作権法で禁じられています